先日、日本のロボット特区の方々がベイエリアを訪問された際に、お世話になっているジャーナリストの方から講演の機会を頂いた。これまでブログに書いてきた内容なので目新しさは無いかもしれないが、アメリカのロボット開発ロードマップ、シリコンバレーのロボットブームの経緯、今後の変化とポイントについて纏めたスライドを以下に貼っておく。

(Slideshareからのダウンロードはこちら

エグゼクティブサマリ

  • アメリカ政府によるロボット産業促進施策とロードマップ
    • 連邦政府はDARPAチャレンジやNational Robotics Initiative (NRI)を通じ、資金提供やロードマップの策定を実施。
    • NRIではロボットが次のインターネットになるとして、”From Internet to Robotics”というロードマップを2009年より発行。
    • ロードマップでは製造、サービス、医療、軍事、宇宙の5領域について、ロボットの活用と研究に関する展望が述べられている。
    • 2016年の更新版ではサービスロボットに関する記述が増えたほか、ロボットを取り巻く法規制や教育システムの整備についても言及。
  • シリコンバレーを中心とするロボットブームとWillow Garageの功績
    • アメリカのロボット産業は、製造や軍事研究が盛んであった東海岸・中部を中心に集積。現在、ボストン周辺ではiRobot/MIT出身者がコボットやソーシャルロボットを牽引。
    • 西海岸はSRIやStanfordの基盤が存在していたが他の分野ほど目を向けられてこなかった。部品の低価格化やソフトウェアの重要性の高まり、Willow Garageの設立やGoogleの自動運転・ロボット進出などを契機に、人材、企業、資金が集まってきた。
    • Willow Garageが著名なロボット研究者を集め、「利益は二の次」の方針でロボットに必要なオープンソースソフトウェアを開発したことにより、その後のロボット開発が加速した。
    • 人型ロボットの開発で生まれた技術からスタートアップが生まれた。オープンソースソフトウェアを共有資産として活用することで、ロボット開発を少人数で高速に実現している。
    • 2013年のGoogleのロボット会社8社の買収を契機にロボットスタートアップへの投資環境は改善。Exitの目処も立ちやすくなった。
    • 資金のみならずノウハウ提供や深センでのライン立ち上げ支援を行うスタートアップアクセラレータプログラムも増加。
  • ロボットを取り巻く変化と押さえるべきポイント
    • センサ性能と計算能力の向上、低価格化も相まって、ロボットの役割は量産工場での単純作業から様々な業界・プロセスの複雑な作業へと広がっていく。
    • 日常社会でロボットとの接点が増え、ロボット脅威論が叫ばれるなかで、ロボットが一般の人にとって使いやすく、また、社会に溶け込んでいくためのインタラクションデザインが重要になる。
    • 収益安定性を高め、顧客のニーズへの迅速な対応を可能にするために、Robot As a Serviceなどロボットを売らないビジネスモデルに注目が集まる。
    • 従来の用途を越えてロボットが使われるようになるにはセンサやAIとの組み合わせによる新たな価値提供が必要。

アメリカ政府によるロボット産業促進施策とロードマップ

slide04slide05slide06slide07

シリコンバレーを中心とするロボットブームとWillow Garageの功績

slide09slide10slide11slide12slide13slide14slide15slide16slide17

 

ロボットを取り巻く変化と押さえるべきポイント

slide19slide20slide21slide22slide23slide24slide25

(追記)本講演を含む、訪問団によるシリコンバレーの視察レポートはこちらで公開されている。

広告